求人

特殊なサービスの秋葉原の風俗の求人に応募する女性達のお話に耳を傾けてみましょう

ズボンを自分で下ろしている女性

風俗の求人の中には「障がい者、高齢者に対する性的なサービスを行っている」という文言を見かけることがあります。確かに人間である以上、性欲があることに間違いありません。

では、サービスを提供する女性側としてはどのような心構えで臨めばよいのでしょう。

普通のお客さんと接する時と同じように

そもそも、性欲を解消したいからこそお客様は電話をかけてきて「自宅に来て欲しい」とお願いしてきます。これは普通の男性客と何ら変わりなく、単純に「私でもサービスを受けられるお店であるから」という理由が一つくっつくだけです。

それ以外については「どの女性がいいかな」とか「どんなサービスをしてもらいたいな」と言うことを考えているのです。

障がいに触れることは最小限

サービスを提供している最中に、どうしても障がいのある部分や年齢を感じる部分を垣間見るときもあるでしょう。そんなときに意味も無くそのことへ触れるのも問題ですが、あたかも見えていないかのような態度をとるのも問題です。

サービスを提供するときに触れなければならないようなときに触れるくらいに押さえておきましょう。

無理はしない

お年を召されたお客様ですと、無理強いしてしまえば何が起るかわからないと言うこともあります。無理にサービスの全てを提供するのではなく、ある程度時や場所やタイミングを見計らい無理をしないようにサービスを提供していきましょう。

求められることは人間性

どちらにせよ、こうしたサービスを提供する際心の底で見下すような思いを持っていれば相手に伝わります。研修や日々の業務の中でも色々と指導されるとは思いますが、人間性が最も大切と言うことをきちんと念頭に置いてくださいね。